大学生・専門学生の若ハゲを改善させるには?

一般的な男性の髪の毛が薄くなる時期というのは30歳を過ぎてからでしょう。


ですが世の中には10代のうちから薄毛に悩む男性も意外といるもんです。
みんな髪の毛がフサフサの中自分だけ・・・なんて状況はハッキリいってめちゃくちゃ辛い状態。

思春期の頃は自分と周りとの違いにとっても敏感な時期ですので、悩みも相当深いのが実情です。


少数の人は薬の副作用等の影響で薄毛になってしまっているのですが、大多数の人は遺伝のよるハゲが現実。
生活習慣が乱れているくらいでは、10代のうちからハゲるってことはちょっと考えづらいですからね。

私の弟も学生時代から薄くなってしまったパターンなので、近くで苦しみを見てきたのでその辛さはよくわかります。。

でも悩んでいるだけではハゲってのは改善しないもんです。
むしろストレス性の脱毛が加わって薄毛に加速をかけてしまうことの方が多いかも知れません。

若い時期から大変ですが、ここは現実を受け入れハゲ改善のための最善策を打たなくてはなりません
毛根が完全に死滅してしまってからでは、正直髪の毛の復活は難しいです。

その場合は植毛とかカツラという選択になってしまうのですが、どちらもコスト的に学生が簡単に払えるものではありません。


学生の場合は育毛にかかるお金を出来るだけ少なくするのも戦略のうち。

まずミノキシジルとフィナステリドは基本でしょうね。
副作用がちょっと気になりますが、耐性がある人ならばタブレット型のミノキシジルが効果的には最も最強でしょう。

髪の毛だけではなく体毛まで濃くなると評判の発毛薬ですから!

上記の2つの発毛剤でベースを整えた後は、頭皮の改善
常に清潔で栄養がいきわたった頭皮を準備する必要があります。

そこで私がオススメしたいのが発毛レーザーブラシの利用!!
あまり聞きなれないかもしれないので、商品を掲載しているURLを紹介しますので見てみてください↓

http://cs.hustle.ne.jp/

重度の薄毛及びハゲの場合には、フィナ&ミノキ&発毛レーザーの三種の神器が必要と私は考えます。

これでも月額の育毛代金は1万円もいかないでしょう!

安い輸入代行業者等を見つければトータルで8,000~9,000円程度で収まるはず。

再現可能な内容とコストだと思います。

もちろん上記の三種の神器を使っても1ヶ月や2ヶ月でどうにかなるもんではありません。

1年や2年という年単位での育毛が必要となってきますので、そこは腹をくくり長期戦へと挑みましょう!

ページのトップへ戻る